普段の生活の中でできる顔のたるみ改善法

Pocket

人間は年齢を重ねるとエラスチンやコラーゲンといった肌の弾力になっている成分が徐々に失われてしまい、肌のハリがなくなってしまい、顔のたるみの原因となってしまいます。
たるみの原因はその他にも表情筋の衰えや紫外線、活性酸素が肌細胞を壊すなど原因は沢山あるといわれています。
美容整形には頼らず自分で顔のたるみ改善方法はマッサージや表情筋を鍛えるエクササイズが効果があるとされており、簡単に表情筋を鍛えるにはあ、い、う、え、おの発音にベーを加えた体操で、これらの発音を行いながら口を大きく広げたり、口をすぼめたりしながら目も大きく見開くように行います。
そして最後に舌をべーの発音で突き出す、このエクササイズを行う事によって、普段使用していない筋肉を動かす事ができますので効果があるといわれていますが、効果を実感するまでに半年以上必要になりますので気長に行う事が必要になります。
またマッサージは顔の血液やリンパ液の流れがスムーズになりたるみに効果的といわれています。
リンパ液の流れが悪くなると老廃物が残った状態のままになっていますので脂肪がつきやすくなったり、むくみが現れたりしますので、顔のたるみの原因の1つになってしまいます。
クレンジングを行うときに下から上へマッサージをする事で効果があるといわれています。