土壁をクロス壁にリフォームするのは簡単ではない

Pocket

土壁は日本間などには非常に合い、その独特の風合いは非常に落ち着くものです。
また、土特有の吸湿性なども有るため室内の湿度を一定に保つ効果もあり、その機能性に於いても古くから非常に使用されてきたものです。
しかし、現代社会のように家を空けることが多かったり、また空調が発展してくると土壁の力を借りなくても快適な環境を保てるようになってくると、土壁のデメリットばかりが目立つようになってきます。
ひび割れたり、剥がれ落ちたりといった現象です。
さらに、槌壁が乾燥することによりはがれた土が粉じんとなって部屋に舞い上がることで部屋のなかがほこりっぽくなるという問題が有ります。
その為、クロス壁にリフォームしたいという人が最近非常に増えていますが、そのリフォームは簡単なものではありません。
それは土壁とクロス壁の構造の違いにあります。
土壁は壁の材料となる土を壁の木枠で囲んだ部分に埋め込んでいくものですが、クロスは糊で張付けるといった構造になるため、土壁をはがしてクロスを張ろうとすると木枠に対して段差が大きくなり過ぎ、また土を入れたままではクロス壁に覆われて内部が蒸れてしまい、壁が柔らかくなって凹凸が出来てしまう欠点があります。
その為、その部分を上手に対策してリフォームを行う必要があります。