個人再生の特長と手続き方法

Pocket

借金の返済が難しくなった場合などにおいての対処法の1つに債務整理がありますが、方法としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあり、利用にはそれぞれの債務の状況によっても選ぶ方法が異なってきます。
債務整理では、大きく、結果に関して法的拘束力があるかどうか、法的な債務削減を行うことができるのかで分けることができ、中間的な特徴を持つものとしては個人再生を上げることができます。
この方法は、法的に債務の減額を行うと共に、例えば住宅などを手放さなくても行うことができる内容となっており、定められた条件をクリアすることで債務者にとっては大きなメリットがある整理方法となります。
方法としては、居住をしている管轄となる地方裁判者尾に申立てを行うことで手続きを進める事ができ、その場合には裁判所で用意をしている書類、また、個人に求められる書類の提出、手数料、予納金を納付することになります。

個人再生を利用した債務整理の場合には自分でも行うことができますが、求められる書類も多いことや、最終的には債権者からの過半数の賛同を得る必要があることから個人ではなかなか難しい面があり、多くは弁護士等に依頼をして手続きが行われています。
個人再生では再生計画が許可された場合には、その後は定められた返済額を原則3年間で返済をしていくことになります。
内容に関しては、必ず返済に関して履行をしていくことがあり、万が一返済が滞った場合などにおいては再生計画の取消とともに元々の債務に関して相手側からの請求や、場合によっては強制執行が行われることもあるために十分に注意をすることが求められます。