永久脱毛とは

Pocket

脱毛の方法にはいくつかの種類があります。
自宅で行うのであれば、ワックスを塗って引きはがすワックス脱毛や、家庭用脱毛器で光脱毛を行うという方法があります。
脱毛サロンでは、光脱毛であったりサロンによってはニードル脱毛が行われています。
また、美容皮膚科などのクリニックになれば医療レーザー脱毛で受けることができます。
これらの方法の中で、永久脱毛をすることができるのがニードル脱毛と医療レーザー脱毛です。
ニードル脱毛は、毛穴に特殊な極細の針のようなものを刺し込み、電気を流すことで毛根を焼いてしまいます。
かつては主流でしたが、スタッフの高い技術を要することから今日では行われているサロンは少なくなってしまいました。
また、医療レーザー脱毛では肌にレーザーの光を照射させるという方法で脱毛を進めていきます。
レーザーの光を浴びた毛根は、一週間程度経過すると自然と抜け落ちていき、毛根周辺にある毛が生える組織を破壊しているので、次に新しい毛を作ろうとしても力を失っており、生えてきたとしても産毛のような毛質に変わっていきます。
人の体毛の生える周期はばらばらであり、いっせいに生えるものではありません。
成長期にあたる時期の毛に対して効果を発揮する脱毛法なので、時期をあけて何度か受ける必要があります。
永久脱毛を行えば、再発性が低いのでサロン脱毛のようにまた数年後には通い始めるということもありません。
ただし、生えてこないので伸ばす可能性もあるヒゲやVラインなどはしっかりと考えてから受けるようにしましょう。