浮気調査の前に知っておきたい離婚の財産分与

Pocket

浮気調査の結果、もし浮気していることがわかって離婚を考えた時に絶対に知っておきたいのが財産分与のことです。
財産分与というのは結婚していた時に夫婦で協力して築いてきた財産を離婚の時にそれぞれの貢献度に応じて分配することをいいます。
財産分与には夫婦が婚姻中に形成した財産の清算をする清算的財産分与、離婚により困窮する元配偶者の扶養のための扶養的財産分与、傷つけたことに対する慰謝料としての意味がある慰謝料的財産分与の3種類があります。
この3つの中で最も中心となるのが生産的財産分与です。
DVやモラハラ(モラルハラスメント)被害は泣き寝入りせずに証拠を集めて!
主に共有財産ですから不動産や家具、預貯金、車、有価証券、退職金や保険金などがあります。
しかし注意しなければいけないのは別居してから得た財産については含まれていないということです。
これは別居してから得た財産は夫婦2人で得たものではないと判断されるからです。

分与されないものは特有財産といって結婚する前から片方が所有していた財産や結婚している時でも夫婦2人で協力して得たものではないものをさします。
夫婦2人で協力して得たものではないものというと、例えば片方が相続した不動産などは特有財産にあたります。
結婚する前から所有していた財産ですと、独身時代の定期預金などがあります。
また気になるのが借金など負債についてです。
これは夫婦2人の生活を営むために必要であった負債は分与されてしまいますが、例えば片方が遊興などをするためにした借金の場合は分与される対象とはなりません。