薄毛の原因となる男性ホルモンDHT

Pocket

男性の薄毛の大部分は、額から頭頂部にかけての部分に集中しています。
これは、この部分の毛根に薄毛の原因物質DHTの生産に関与しているⅡ型の5α還元酵素が分布しているからです。
この物質が、毛乳頭細胞の男性ホルモンレセプターと結合することにより、皮脂の分泌量が急増し、ヘアサイクルが著しく狂わされることになります。

なお、DHTは思春期に分泌量が急増するテストステロンが変化したものです。
このために、この物質が原因の薄毛は、この年代以降に発症することになります。
AGA遺伝子検査の信憑性について
つまり、10代や20代で薄毛になるケースもあるということで、少数ということから非常に目立つことになります。
精神的なダメージを受けてしまい、将来に対して悲観的になるというケースも少なくはありません。

ただし、現在ではこの症状に対して厚生労働省が承認している治療薬が開発されています。
テレビのコマーシャルで紹介されている病院での薄毛治療というのは、この治療薬の処方が中心となっています。
DHTの生産に関与しているⅡ型の5α還元酵素の酵素活性を阻害するという内容で、原因物質の生産を抑制することによりヘアサイクルが正常な状態に回復します。

なお、DHTは本来は男性生殖器を発育させることに関与している物質です。
このために、未成熟な段階での服用は禁止されているので、10代や妊娠している女性、さらに妊娠の可能性がある女性は購入することも禁止されています。
女性の場合は、自身ではなく胎児の生殖器に異常が生じる危険があるからです。